借景の家☆クリスマス飾りつけ!!2019/11/30

 

クリスマス☆バージョン模様替え中の我が家「借景の家」をご紹介!!

 

SONY DSC

 

 

5年前に完成した一戸建ての住宅

お隣の庭や神社の杜の景色を取り込む「借景の家」

『借景』とは、遠くの山など景色を自分の庭の一部のように取り込む技法のこと。この家は武蔵野市のはずれに24坪の土地を買って、家族5人のための木造3階たてを建築した自宅です。敷地はわずかですが、家の東南に面しているお隣さんの開けたお庭や神社の杜の景色を借りて光や風を取り込み、近隣商業地域の住宅街だけど、明るく開放的で伸び伸び子育てしたいということが設計のテーマでした

 

 

1階には広いタイル貼りの土間ホールと白レンガ

玄関ホールの様子より。1階は採光が望めない敷地条件のために、シューズインクローゼットや収納庫、書斎コーナー、自転車置き場の玄関ホールがあります。タイル貼りにしたのはデザイン性のみならず冬の暖房用蓄熱のため(タイルやコンクリートは蓄熱性の高い建材)でもあります。1階の床下の断熱材で覆ったコンクリート基礎をFFガスファンヒータで温める蓄熱床下暖房としてます

 

0000002

 

 

 

クリスマスシーズンになるとIKEAのツリーを引っ張り出してきて、飾り付けをやるのが子どもたち3人のお仕事

 

 

 

 

飾り付けしている間に、この家の2階以降も紹介!!

 

2階LDKの様子

 

 

自然素材で仕上げてます

無垢材の床など自然素材で仕上げると、子ども達が自然と裸足で駆け回りたくなる理屈抜きに気持ちの良い質感になります。この家では建設当時に林野庁の補助金活用もあり、近年珍しい柱や土台など木材が国産の無垢の木で建てました。床はチーク無垢材に舐めてもOKの自然塗料で仕上げてます、壁と天井は調質性の高い火山灰を原料とした塗り壁で仕上げております

 

 

木のキッチンに挑戦

お隣のお庭が借景の木製キッチンの様子。木のキッチンと言っても扉だけが天然木はたくさんありますがこの家ではそれに加えてカウンタも本物の無垢の木(ウォールナット)でつくりました。ウォールナットの上に天然オイルを塗って木の質感を活かしてます。水が飛んですぐ腐るかと思いきや、それなりに気を使って5年経過しましたが、全く傷んでいないので成功してます。詳しくは下記に紹介

 

ウォールナット無垢のキッチン詳細はこちらを

 

 

 

密集住宅街ですが、窓をあける位置など工夫し景色も最大限取り込む

キッチンから見える100坪のお庭!! お隣さんの敷地ですが

 

3代以上続く樹齢100年以上の一本松も もうすぐ雪景色かな・・お隣の家の松ですが。今度はうちから照明を当てさせて頂きライトアップを画策中

 

 

 

3階建てが立ち並ぶ住宅街ですが なるべく隣の建物を感じない位置に窓をあけてます

 

 

廊下の床の一部がスノコ状で光を下階に落としてます

 

 

光や風の抜けを配慮し、3階以降は個室が立体的につながっていく

 

ワーロン紙の障子で仕切る3階の子ども室の様子。3階からは子ども室がスキップフロアでつながる構成、階段上がると個室、また少し上がると個室という感じ。視覚的な拡がりを持たせている

 

 

 

 

 

 

この家はテレビや雑誌でも紹介されまして特に印象に残ったものを紹介して終わりたいと思います

DSC_0786

渡辺篤史さん登場の建物探訪に

 

めざましテレビのイノ調に

 

なぜか あばれる君はお風呂まで入っていかれました。。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで今年もようやく飾り付けが完成!!

ツリーに願い事を書いて吊るすとクリスマスにプレゼントが届く仕組み(10歳くらいまで)、「健康でいられること」でいいじゃないとか言って、値段の高い願い事にならないように誘導中

 

 

今年もあと1か月ちょっと、おかげさまで新しい計画が目白押し状態、若干混乱してきました。今年もここまで健康に生きてきましたが、スタッフ一丸ラストスパート!!

 

 

関連する建築事例


関連するブログ


設計のご依頼やご相談、
お問い合せはこちら

建築に関するご相談は無料で承ります。お気軽にご相談下さい。
出来る限り適切なアドバイスをさせて頂きます。