お隣の庭や神社の杜の景色を取り込む「借景の家」

場所 東京都武蔵野市
用途 一戸建ての住宅
構造 木造3階建て
敷地面積 79㎡ 24坪
延べ面積 120㎡ 36坪
竣工 2015年
工期 7ヶ月
施工 株式會社 小林
特徴

お隣の庭や神社の杜の景色を取り込む「借景の家」

タカトシのトシさんが番組の取材でいらっしゃった武蔵野市に建築した自宅を紹介! テレビ朝日『聞きにくいことを聞く』という番組でしたが新築を建てた人に 建てて悪かったことをストレートに聞くという変な企画・・。普通の設計者は断るのだと思いますが、来たものは何でも受けてたつ主義の私。あの時はなんて答えたか正確に思い出せませんが、自宅といえども完璧な家等あるわけもなく ここはこうしておけば良かったかな~など適当に話した記憶あります。受けて立ってないかもわかりませんが

武蔵野市のはずれに24坪の土地を買って、家族5人のための木造3階たてを建築した自宅です。敷地は限られてましたが、家の東南に面しているお隣さんの開けたお庭や神社の杜の景色を借りて、光や風を取り込み、近隣商業地域の住宅街にありますが、近隣気にせず、明るく開放的で伸び伸び子育てしたいということが設計のテーマでした

『借景』とは、遠くの山など景色を自分の庭の一部のように取り込む技法のこと。この家ではお隣さんのお庭を借景させて頂いてます。お隣さんがこのあたりの地主さんでとっても良い方、テレビ取材のたびに事前伺いに行きましたがおかげで仲良くなれました。洗濯物が落ちると取りに庭に入らせて頂き、庭に実がなるともらったりお返ししたり。。

商業系の住宅密集地に建つ3階建ての家

2階は家族が集まるLDKになっており、敷地いっぱいを活用するため木造ですが2階部分の一部(写真の黒いガルバリウム鋼板の部分)を道路側へ約2.5m大きく張りだしてます。跳ねだした下は屋根付きの駐車場スペース

ひとつながりの立体的な住まい

真ん中階段を中心にダイニング、リビング、キッチン、水廻りと3階の個室も視覚的につながってます。家族がそれぞれの居場所で好きなことをしていても、なんとなく空間がつながっていて心地よいです。お隣も3階建てのため窓を開ける位置を悩みました。お隣さんをなるべく意識せず、光を取り込むために高窓も設置してます

自然素材にこだわって仕上げる!

2階LDKの様子

この家では柱や土台など木材が国産無垢のヒノキで建てました。2階の床はチークという木に自然塗料で仕上げました、壁と天井は調質性の高い火山灰を原料とした塗り壁で仕上げております

この家の断面計画

この家は5層の立体的な床があり、この床をつなぐのが建物の中央を貫く階段。1階は玄関ホールと主に収納、2階はLDKと水回り、3階以上はスキップフロアで個室と小屋裏収納という構成。

スキップフロアとは、フロアの高さを半階分ずらしながら連続する層を構成する建築方法で視覚的に斜めに抜けるので拡がり感などが上がる。階段は最上部の天窓からの光を階下に届け、冬は蓄熱床下暖房の暖気を上げる役割も。

木のキッチンに挑戦

木のキッチンと言っても扉だけが天然木はたくさんありますがこの家ではそれに加えてカウンタも本物の無垢の木(ウォールナット)でつくりました。ウォールナットの上に天然オイルを塗って木の質感を活かしてます。流し廻りは水が飛んですぐ腐るかと思いきや、それなりに気を使って5年経過しましたが、全く傷んでいないので今のところ成功してます。


東南側の景色が重要なために吊戸は設置せず、その代わり足元の収納を充実させ、さらにパントリーを併設し冷蔵庫や家電等と共に隠してスッキリさせてます。

住んでみて5年、想定外の事

コンロ側の丸いカウンタはキッチン台の延長で朝食程度も食べられると設置したつもりでしたが無垢のカウンタが想像以上に気持ちよく、コンロの火に吸い寄せられて、ほぼ毎日5人でこの丸いカウンタでご飯を食べてます。中学生の長男は日々ここで勉強し、目の前のコンロから飛ぶ油が嫌だと。設計時想定と違うのもまた発見と思うことにしてます。。

1階には広いタイル貼りの土間ホールと白レンガ

玄関ホールの様子より。シューズインクローゼットや収納庫、書斎コーナーがあります。タイル貼りにしたのはデザイン性のみならず冬の暖房用蓄熱のため(タイルやコンクリートは蓄熱性の高い建材)でもあります。1階の床下の断熱材で覆ったコンクリート基礎をFFガスファンヒータで温める蓄熱床下暖房としてます

クリスマスシーズンになるとIKEAのツリーを引っ張り出してきて、飾り付けをやるのが子どもたち3人のお仕事

ツリーに願い事を書いて吊るすとクリスマスにプレゼントが届く仕組み(10歳くらいまで)、「健康でいられること」でいいじゃないとか言って、値段の高い願い事にならないように誘導中

ワーロン紙の障子で仕切る3階の子ども室の様子。3階からは子ども室がスキップフロアでつながる構成、階段上がると個室、また少し上がると個室という感じ。視覚的な拡がりを持たせ床板も壁も天井もすべて自然素材で仕上げている。長男の部屋にはよく勉強するようにと願いも込めて 造り付けのカウンタ+壁面本棚を設置しました

天窓から落ちる光は階段の吹抜けやスノコ床を通して2階のLDKまで落ちてきます。エアコンは子ども室内にそれぞれ設置するのではなく、階段室の最上部(エアコンは冷房としてのみ使用)に容量の大きいものを設置してます。これ一台でLDKも含めて涼しく快適な環境になります

一階に予備室設置
この家で唯一他と切り離された個室です。ホームシアター用の配線などもしてあり一人になりたいときに静かに本を読んだりスマホいじったりする部屋

■住宅の性能・外断熱通気工法
・準耐火建築物、長期優良住宅
・換気:熱交換型第1種ダクトレス
・蓄熱:基礎断熱の上、床下暖房(FFガス)
・雨水利用 2トンタンクよりトイレ洗浄、庭への散水


■仕上げ 柱や土台、梁などはすべて国産材無垢材
床:全て無垢(ナラ、チーク、ヒノキ、カバ桜)
壁天井:珪藻土、しっくい、煉瓦、タイル

暴れる君はお風呂まで入っていかれました・・


メディア紹介の記録

■テレビ放映
・BSテレ東『突撃!隣のスゴイ家』2019/10/24
・フジテレビ『めざましテレビ』2018/4/5
 Hey! Say! JUMPの伊野尾君の「イノ調」
・日テレ『ヒルナンデス』2017/1/31
   一級建築士のお宅覗くんデス
・毎日放送『住人十色』2016/6/18
・テレビ朝日『聞きにくいことを聞く』2016/6/29
・テレビ朝日『やりすぎ! ピンポン代行社』2016/4/23
・TV朝日『渡辺篤史の建もの探訪』2016/3/12
・日テレ『スッキリ』2016/2/9
 失敗しない家探し!目指せハウスマイスター等
・BSテレ東『価値ある家づくり!バリューハウス』2015/9/5

■雑誌紹介
・月刊誌『建築ジャーナル』2019/9月号
・創刊55周年記念『住まいの設計2015/11.12月号』等

■WEB紹介
・セラトレーディング・ホームページ
・House Noteなど


関連する建築事例

設計のご依頼やご相談、
お問い合せはこちら

建築に関するご相談は無料で承ります。お気軽にご相談下さい。
出来る限り適切なアドバイスをさせて頂きます。