大工さんによる造作オープン棚&ニッチ! 収納実例をいくつか紹介!2019/08/31

 

 

 

弊社の住宅設計において必ずといって良いほどデザイン設置させて頂くもの=造作家具

 

 

 

「造作(ぞうさく)家具」とは、既製品で販売されている置き型家具とは異なり、サイズや目的に合わせた造り付けの家具のこと。シンプルな形状の棚の場合は大工さんに設置して頂く事が多く、比較的に安価で用途に合わせたその場所にピッタリの家具が出来上がる

 

 

 

造作家具は「大工さんが現場で設える工事」と「家具やさんによる工事」の2タイプがありますが、弊社では家具の様子やコストを見ながらケースバイケースで使い分けてます。コストメリットが高い大工さんが現場で設える「造作家具」の実例をいくつかご紹介!!

 

 

 

 

▲吉祥寺の家 では 壁面オープン棚を設置

 

建物を建てた大工さんに棚をつけてもらい、建具屋さんに白い扉を設置してもらった例。棚は固定された棚だけではなく、可動棚としているので入れたいものによって高さを変えられます

この家ではオープンな収納を基本として、部分的に開き戸や引違扉を設置したり、引出もつけてより使いやすくしてます

 

 

 

 

 

▼壁面造作収納の事例 三鷹の家より

 

060

 

 

 

 

 

 

▼名古屋の家より 堀座卓のある壁面収納例

 

壁面オープン棚に 堀座卓もセット!

DSCN44321.JPG DSCN44331.JPG
座る部分の床は一見普通の床ですが、実は収納もあるというカラクリ

 

 

 

 

▼「借景の家」より 子ども室の様子

 

SONY DSC

天井が傾斜していても(写真左部分)造作工事なら大丈夫!!

 

 

 

 

 

 

階段にそって階段状のオープン棚

 

 

 

 

 

 

 

ニッチという壁の厚さを利用して窪みの収納をつくる方法も多用してます

階段途中のちょっとしたところのニッチ

 

 

外断熱仕様のためニッチが作りやすく随所にニッチ

 

 

こちらも壁に組み込んだニッチ

一部ガラス組み込みで光も通してます

 

 

キッチン台周りにもニッチ

洗剤など置けてスッキリ

 

 

 

以上造作家具&ニッチの紹介でした

 

 

最後に

こちらも大工さんお手製の調味料ボックス

リフォームの現場でノリノリ大工さんに余った材料で組み立ててもらった一品。お施主様のご協力のもと、大工さんとコミュニケーション取りながら工事すると想像以上の事が起きます!

 

 

 

 

関連するブログ


設計のご依頼やご相談、
お問い合せはこちら

建築に関するご相談は無料で承ります。お気軽にご相談下さい。
出来る限り適切なアドバイスをさせて頂きます。