築150年以上を大改造! 千葉県酒々井の家2022/05/19

千葉県酒々井市にて、築150年以上の古民家を大改造!!

もとは江戸時代に建てられ、当時は商いをする建物としても使われてきた。様々な時代を経て、令和になって耐震+断熱改修を行い、快適に過ごせる災害にも強い建物へとやりかえました。

 

建物概要:築150年以上、木造伝統工法2階建て、延べ面積173㎡

 

古い建物も並ぶカーブした道路に建つ街並み。ルーバー格子がアクセントの外観の様子

 

 

既存の梁型そのまま利用、道路側には全面ルーバー格子で明るくプライバシーも確保したダイニングキッチンの様子。内部は床組を全てあげて、基礎補強からやり直しました。電動シャッターや断熱サッシュへとやり替え、断熱材も入れて現代の住まいへとリフォーム

 

150年を経た柱や軒丸太などは既存のまま現しにし、フレキシブルに利用できるよう間取りも大きくつくり替えた。幅広の無垢の床板など自然素材で仕上げております。床暖房も完備。

 

工事中の様子より。大工さんによる手壊し+構造補強+断熱改修でリフォームしていった・・

 

奥の和室とつながる建物中央にある居間の様子

居間はもともと平らの天井が貼られていましたが、今回のリフォームで天井を撤去し、既存軒丸太をそのまま現わして一部吹き抜けにやり替えました。吹き抜け上部に天窓を設置し、明るく開放的な住空間へと生まれ変わりました。居間には床暖房も完備されております。

 

和室との格子の欄間は合板でふさがれていましたが、この度のリフォームで再び元の姿を取り戻しました。塗装屋さんが格子一つ一つを丁寧に仕上げました。

 

和室の様子 縁側からはお庭のマキの木が見える

 

 

大きな屋根組みのある2階の様子。

丸太で構成される立派な屋根組は一部を現しにして、1階に光を落とす吹き抜け空間へとやり替えました。

 

 

 

もともと屋根裏収納だったスペースも断熱材を入れ替えテレワークもできる書斎スペースに。

もともとの化粧天井が見える洋室

 

新しく吹き替えられた屋根には太陽光パネル7.5Kも搭載、蓄電池も設置して災害にも強い建物へ、この家はこれからの150年を迎えます

 

施工 神野工務店さん

 

 

TAU設計工房リフォーム

▼グッドデザイン賞受賞「続・五葉松の家」

 

▼150年を紡ぐあきる野の家

 

大改造劇的ビフォーアフターで放映された番組史上もっとも小さい家「押し入れで寝る家」

 

 

 

 

関連するブログ


設計のご依頼やご相談、
お問い合せはこちら

建築に関するご相談は無料で承ります。お気軽にご相談下さい。
出来る限り適切なアドバイスをさせて頂きます。