《造作収納実例》目隠しを兼ねた収納棚2019/07/19

弊社の住宅設計において必ずといって良いほど「造作家具」をデザイン設置させていただいております。「造作(ぞうさく)家具」とは、既製品で販売されている置き型家具とは異なり、サイズや目的に合わせた造り付けの家具のこと。

 

 

 

造作家具は「大工さんが現場で設える工事」と「家具やさんによる工事」の2タイプがありますが、弊社では家具の様子やコストを見ながらケースバイケースで使い分けてます。今回はバリアフリー化リフォームをした事例より 大工さんが現場で設えた「目隠し兼収納」の設計実例をUP

 

この家は車いす生活をされる家族のためのバリアフリー化がきっかけで全面的にリフォームをされた実例です。1階にはバリアフリー対応のトイレやスロープなどで構成。リフォームと同時に耐震改修や断熱改修も行っており、耐力壁を外周部に集中させて内部はオープンな空間を生み出した事例です。

内部は家具や建具で間仕切るように考えてます

可動建具であけしめの様子

 

今回造作家具として紹介したいのは 写真中央の玄関との区切りに設置した収納棚です

収納棚近景 飾り棚やパントリーも兼ねてます

予め配線していればコンセントやスイッチも組み込めます

2階にも白い階段状の収納など造作家具を設置してます

八広の家より

 

 

 

 

 

 

 

もう一つ 目隠し兼ねた造作収納実例をご紹介!!

 

キッチンが真ん中の家
新築、木造・2階
施工:辰巳住研(株)
-キッチンを真ん中に配置して家族がつながる家-

 

玄関開けると広い土間ホールになってまして左側にオープン飾り棚を設置

ちなみに下足入れは別にシューズインクローゼットがありそちらに収納します

 

 

 

 

裏側はキッチンになってまして キッチン側からみる

 

 

 

 

 

カラーアクリル板を組み込むと楽しいイメージにもなります。

この収納箱もスイッチを組み込んでまして建築工事ならではのもの。サイズや用途に合わせて設置できる造作収納の実例紹介でした!!

 

 

 

関連するブログ


設計のご依頼やご相談、
お問い合せはこちら

建築に関するご相談は無料で承ります。お気軽にご相談下さい。
出来る限り適切なアドバイスをさせて頂きます。