《完成!!》でっかい吹抜けネット遊具のある保育園2021/03/22

新築に内装に、増床にと今年度の認可保育園が全て無事に竣工。今年の完成園の定員数を全部足すと300名くらいの規模に、微力ながら都内の待機児を少しでも減らせればと考えております

東京は西の方、隣が田んぼでのんびりとした風景が広がる環境にて、新築木造の保育園が完成

 

木造2階建て園舎でモザイクタイルがアクセントの外観の様子。0歳~5歳児までを預かる認可保育園で、随所に楽しい遊具やデザインで、園児が長い時間を楽しく過ごせるよう設計させていただきました

 

一部電動式の窓で高窓を利用しての採光と通風計画

2階の保育室内部の様子 大きな梁が伸びやかに拡がって光がたっぷりの明るく開放的な空間。地産地消 地元の木材をふんだんに利用し、更に「燃え代設計」という設計手法により構造材はそのまま化粧梁として現れてくる仕上げ

 

 

随所に楽しくて機能的なデザイン

0歳児室と1歳児室には畳コーナーを併設

小上りになっていてその下はトンネルや引出し収納に。0歳、1歳児の歩きはじめの捕まり立ちの補助になるように手摺も設置。

 

 

 

 

3歳児室には小屋を設置 広い保育室の中の一人にもなれる居場所

小屋の内部には黒板も設置

 

 

そして最大の売りは4.8m×4.5mの大きなネット遊具。345歳児室から引き戸を開けるとつながる位置関係

 

調理室の窓からもネット遊具が見えるようになっております

 

 

下から見るとこんな感じ。1階のエントランス入ってすぐの上部に設置されてます。

将来、このネットの下に大きな本棚のようなブックタワーを設置して連結する予定。迷路になっていたり、本を読んだりできる園児の居場所を考えてます

 

 

砂時計状のネットはだんだん上にあがっていけるようになってましてかなりアグレッシブな吊遊具が設置される予定です

 

 

2階バルコニーと園庭の様子

900平米の広くて変形した敷地の園庭の様子

築山が設置されておりますがさらに園庭をぐるりと取り囲むアスレチック要素の高い『外部遊具』が設置される予定

 

外部遊具イメージスケッチより(外部遊具デザイン&スケッチ:(株)中村製作所)

 

飛び跳ねたりくぐったり身体をいっぱい使って楽しく遊べる外部遊具

 

小さい子からお兄ちゃんお姉ちゃんまでが一緒になって遊べるもので、普通の公園にはなかなか無い遊具でいっぱい。それらが繋がってグルリと園庭を取り囲むという壮大なものが出来上がる予定。園舎自体も言ってみれば大きな遊具のようなイメージで配置してまして、外も中も園児が楽しい居場所や遊具があふれる木造園舎になります。4月開園いたします。

 

施工 :相羽建設

 

 

 

 

自分自身が待機児童問題に直前したことをきっかけに、10年くらい前から認可保育園の設計に関わらせて頂いております。だいぶ解消してきましたが最後の待機児童問題の解消と、少しでも伸び伸び保育が出来るような明るく楽しい保育スペースになるよう微力ながら設計活動しております。弊社設計の木造案件をいくつかご紹介!

 

▼三角屋根の木造園舎 成田コスモ保育園

杉並区にて2017年開園の三角屋根の木造保育園

緑道公園に隣接した敷地環境を活かして「まるで公園の中の住宅みたいな楽しい木の園舎♪」に

 

 

▼地元武蔵野市で完成した保育園

塔状の遊具を上がると拡がる吊り遊具の世界

関連するブログ


設計のご依頼やご相談、
お問い合せはこちら

建築に関するご相談は無料で承ります。お気軽にご相談下さい。
出来る限り適切なアドバイスをさせて頂きます。