現場リポート

「絵本の部屋のある家」 完成♪

2017.12.04

読書の冬♪

 

クリスマスシーズンの読書もよいもの、子ども達にとっても絵本がたくさん読める季節♪先日「サンタさんにあっちゃった」という絵本を5歳の娘に読み聞かせしていたらなんだか感動してしまった・・。

「サンタさんにあっちゃった」(薫くみこ/作 colobockle/絵)

 

内容は 『クリスマスがだいきらいなおんなのこ。 そのおんなのこのおねがいは毎年同じ。 「プレゼントはいりません。・・・こんどのクリスマスは、おかあさんといっしょにいさせて」 働くおかあさんはクリスマスにおやすみをとれなかったのです・・・ でも、おんなのこは ゆうれいと過ごしたあるクリスマス以来、クリスマスがだいすきになるんです・・』というお話し

まだ振り返るには早すぎの今年もいろいろな出来事があって、家族が元気でいることって 当たり前ではないのだと改めて感じております。5歳の娘にはこの絵本のゆうれいの事がまだよく理解できない様子でしたが それならまた来年も読んであげようと思う一冊です。

 

素晴らしい絵本に出会って、その世界に引き込まれていくこども達の様子を見守るのもとっても楽しいです。なるべくたくさんの素晴らしい絵本に出会って自分の世界観を拡げていってもらいたいと改めて願う今日この頃。さてさて、幼稚園の先生のご自宅の一部をそんな絵本いっぱいの部屋へリフォームした三鷹市の物件をご紹介!!

お庭に面した1階の子ども室だったところを 今回「絵本の部屋」に改装しましたっ!!幼稚園の先生がお施主様でこれまで集めた絵本を部屋中に並べ、貸し出したりもして園児に開放するという 夢だった「絵本の部屋」実現のお手伝いをさせて頂いております♪

先日工事が概ね完成し、絵本お部屋の様子をUP!!とにかく壁中に絵本が並べられる絵本の部屋を目指しました! 全て大工さんによる作り付け家具

 

 

 

絵本を立てかけられる引き出し収納やオープン本棚、扉付本棚など

地震時に本が落ちてこないようバーの設置、または耐震ラッチ付扉にしてます。角も取ってありなるべくこどもが安心して利用できるよう配慮

一部の本棚は引き出し式の収納に!中はたくさんの絵本に玩具が入れられます

 

普段客間としても利用するので押入れやクローゼットも併設

 

既存の半円テーブルも組み込んでさらに湾曲したベンチも設置 自分の好きな絵本を持ってきて読むことができます 貸出も予定されているとのこと絵本の図書館にもなります!

 

 

これからゆっくりと本を並べ もうすぐオープンの予定!!ここでこども達がたくさんの楽しい絵本に出会えるとよいな~と思います!

 

施工:木村工務店