建築事例

事例詳細

公園借景!!三角屋根の木造保育園

2017年杉並区のすぎなみ保育緊急宣言による公募案件。杉並区成田にて定員122名の木造の認可保育園「成田コスモ保育園」が完成♪緑道公園に隣接した敷地条件「まるで公園の中の住宅みたいな楽しい木の園舎♪」を目指しました

 

 

 

元々は資材置き場だった変形敷地に合わせ、かつ近隣住民にも配慮して三角形の建物を提案。細長い残りの敷地はサービス空間や園庭として利用してます。敷地が埋蔵文化財の区域にも指定されており、建物全体の基礎が小さくすむため構造は木造を採用してます(バルコニー部分は鉄骨造)

 

「借景」を取り入れる設計が得意!?で、なるべく緑が感じられるようにと開口位置を設定してます。ガラスは強化ガラスなどで安全性に配慮し、かつ園児の目線でちょうど良く見えるようにしてます。下がFIX窓で上部の大人が手が届く部分は開閉可能な窓にしてます♪

 

 

木造の勾配屋根のため 屋根の傾斜に合わせて内部も吹抜けでハイサイド窓からの採光、通風を確保!

最もこだわったのは床や壁などの仕上げ素材!!一日中いる園児のためになるべくホンモノの木で仕上げました。腰板には温かみのある無垢の杉板を一枚一枚張り、さらに木造ならでは防火の基準をクリアした化粧梁や化粧柱も現しとしております。70cmの背(高さ)を持つ集成梁や13.5cm×18cmの集成柱など住宅では出てこない大断面木材で構成、圧巻でした!震災等の非常時の拠点にもなるよう、耐震性能はゆとりを持たせている

板張りのエントランスホールの様子 マグネットも画鋲もOKというコルク情報ボード等設置

0歳児室の様子

屋根形状を利用した秘密の屋根裏収納も設置!!缶詰など緊急時の備蓄庫として利用 収納はしごで上がり降り

 

2階の三角形の広いバルコニーは避難用のスペース(螺旋スロープで下階に避難)のほか、プールを設置するなど1,2歳の小さな園児のための遊び場スペースにも。はね出した庇は夏の日射を遮るためのもので、周辺の樹木を感じながらのプールはとっても楽しそう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

1階 3,4,5歳児室の様子

3,4,5歳児室は一日の様々な保育に対応できるようフレキシブルな可動建具で開け閉めできる間取り 定期預かりなどにも柔軟に対応できる

建具を開けると広い大きい保育室。みんなで食事の時間♪

 

 

丸や三角の窓のある連続引き戸を閉めれば、静かに遊ぶコーナー(左上)や昼寝スペース(右上)に早変わり

 

 

 

三角形のバルコニーの下部にはピロティスペースを設置。3,4,5歳児の保育室と園庭の間のホワイエ空間

雨の日や多くの園児が集中する登園時に直接保育室へ出入りできるなど計画しており、保育室の延長として様々な使い方が可能

 

 

 

 

階段の踊り場はまるで公園の中にいるように開放的に窓を設置!

 

 

 

オープンキッチン!!

1階の入り口すぐに面して配置された調理室は大切な「食育」の場としてとらえ、あえてオープンに!!

通常は目立たない場所にひっそり置く調理室ですが終日働く栄養士さんと園児の目線が交わるようにとガラス張りの公開調理室!としました調理をしている様子はこども達にとっても興味深いもの、お昼前はお腹を空かせた園児の熱い視線も注がれる

 

 

 

 

 

 

もう一つこだわりは幼児用トイレ

モザイクタイルで設えた明るい幼児用トイレ

1,2歳用の幼児トイレは保育室から直接出入りできる 南向きのあえて陽当たりの良い場所に配置、清潔かつ明るいトイレ教育の場へ!

 

 

外壁にはさまざまな犬の形を縁取った間接照明器具 事務所受付にはリング状の照明も!

 

 

 

  延べ面積が500㎡を超える木造園舎ということで避難上、防火上の規定をクリアすることはもとより、今回は三角形の大屋根の施工が大変でした。意匠設計者(私たちのことですが・・)の気まぐれな三角屋根の提案に対し、構造設計者もアイディアを出し、棟梁は完璧な施工で応えてくれました!工事に関わった職人さんたちに頭が上がらないです、最後に概要を紹介!!

◆名称:成田コスモ保育園(認可保育園)2017年4/1開園
◆構造・規模:木造2階建て一部鉄骨造(バルコニー)

◆施工:三友建設株式会社(木工事:株式會社 小林)
◆構造設計:平木建築構造研究所

 

 

 

 

 

弊社では私自身が数年前に待機児童問題に直面した経験から 保育園の設計にも力を入れております。住宅設計のノウハウを取り入れて住宅みたいな温かくて楽しい、自分の子どもも預けられるような、できれば地域に受け入れられ地域に根差した保育園を目指しております。これまで担当させて頂いた保育園よりいくつかご紹介!!

 

▼「楽しい屋上園庭がある☆川崎市宮崎台の認可保育園」2016年オープン

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

園庭がない代わりに屋上に2層に渡る立体的な大規模遊具を設置。駅前でよく見える立地のため転園してまで通いたいというお子様もいるそうです♪

 

▼地元武蔵野市の認可保育園「武蔵境コスモ保育園」2016年オープン

DSC_0221

地元武蔵野市にて定員99名の認可保育園

 

▼「楽しい園庭につながるピロティのある☆府中市認可保育園」2016年オープン

75c140d3601436d9bf49d9f8aa3af58a-642x450

04-642x450 3f3643b7a1850763139404c559d62141-642x450

 

 

▼「アートを感じるシックな住宅のような保育園」川崎市2015年オープン

DSC09801

 

 

▼「0,1,2歳限定の小規模グループ保育園」小金井市2014年度オープン

SONY DSC

緊急待機児童対策制度、特に1,2歳に重点を置いた定員19名以下の家庭的な雰囲気の小規模保育施設