建築事例

事例詳細

完成して5年の「まぁ~るいピットのある家」

先日5年点検に行ってきまして ピットの家の5年目写真と共にご紹介♪
東京は杉並区善福寺のゆったりとした住宅街、敷地は路地状敷地(旗ざお敷地)で約20メートルの傾斜した緑の路地を歩くとその家がある。近隣を気にせず、のびのびと子供を育てたいと家を建てることにしたお施主様。1階にLDKを設置したいということがご要望だった

resize0004 resize0005

共働き夫婦+小さいお子さん2人の4人家族のための住まい。周囲に建物が密集した住宅街ですが、周囲の建物を感じさせないよう窓を設置、階段を中心に半階ずつ床をずらすスキップフロアで間仕切りの少ない開放的な住まいを提案!!窓を開けると風がピュ~で理屈抜きで気持ちよい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピットは多目的用途の居場所 家族みんなで映画鑑賞!など楽しめます

 183623_332376556852662_1681866272_n

 

1階ピットを挟んで左側には映写機も格納されている造作収納、壁面のスクリーンで見る映画やオリンピックはすごい迫力だとか・・WiiUで最新カラオケを歌うと発散できるとか\(^▽^)/

 

 

 

 

 

★楽しい断面計画の立体的な住まい

階段を真ん中に設置することで無駄な廊下スペースを小さくし、部屋を広く確保している。さらに、立体的に視線が抜けて、光や風が抜けていく~延べ面積が25坪には思えません。

SONY DSC 

SONY DSC

2階には居室や洗面浴室をレイアウト

SONY DSC

琉球畳、月桃紙(げっとうし)の和室(主寝室として利用)琉球ガラスをマッピングした手洗い器など 沖縄出身のご主人様のためにOKINAWAで構成♪

 

 

 

 

★キッチンは家具屋さん製作の造作キッチン

 

SONY DSCお施主様のスケッチがもとで、相談を重ねて設計させて頂いた完全オリジナルのオーダーキッチン!共働きの夫妻にとって課題だった、家事の負担を軽減する工夫も実現。以前の社宅ではキッチンが壁付けで狭いうえにダイニングまでの動線も悪かった。そこで対面式プランを基本に収納などの配置も熟考、サランラップの置き場からタオル掛け、ご飯ジャーの熱気抜きなど細部までこだわり抜いた自分だけのキッチン!!

キッチンはメーカーの既製品とオーダーの造作と基本的に2種類の方法で納めることが多い。オーダーキッチンはそれこそ ピンからキリまでありまして費用も仕様もいろいろ・・。私共で通常納めさせていただいているのは自分たちで設計をして、家具やさんに製作してもらう手法です(時として大工さんと建具やさんに製作してもらう場合もあり)

SONY DSC
サランラップ入れ、ごみストッカー、ご飯ジャー、食洗機、その他引出し収納の様子

 

SONY DSC SONY DSC SONY DSC
オープン棚、キッチンの換気扇のダクトをかくして間接照明、枝が取っ手のうち窓

SONY DSC SONY DSC SONY DSC

コストも抑え、完全に自分サイズのオリジナル製品が出来上がりますし、デザインも他の建築インテリアにあわせやすい。今回は全体のインテリアとあわせて やさしいナチュラルな雰囲気とするため、シナに自然塗料で仕上げている。ご飯ジャーの設置スペースまで自分で設計!!(上部に蒸気を排出する扉付き)
DSC02140.JPG DSC02142.JPG
かざした手に反応する自動水栓など組み合わせは全て自由。これだけは~というものを組み込めます!!引出しは何を入れるかある程度想定して設置、食洗機や内部タオルバー取り付けなど自由に設置できる
DSC02180.JPG
背面収納も造作。オーブンはガゲナウ、デロンギヒーターも組み込み、冷蔵庫はミーレ
SONY DSC
ダイニング側からも利用できる収納もあります。キッチンの上部は、間接照明で演出しておりますがこれは単なる飾りではなく、キッチンフードの排気ダクトを隠すために設置しております

 

bn-zousa_kitchenキッチン特集のページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

★この家の最上部に屋根裏を利用した面白造作家具を設置

この住宅の最上階に設置したのは多目的ファミリーコーナー、通称図書室 と呼んでいます。ちょっとパソコンしたり、本を読んだり、アイロンかけたり・・など多目的に利用して頂くようイメージして設計しました。お施主様が選ばれたかわいい照明器具も壁についています
一見普通の本棚とデスクのように見えますが・・
SONY DSC

03-TAU_flow_reform01

SONY DSC

本棚が一部スライドする仕組みを設置。奥には約4畳程度(高さは低いですが)屋根裏収納部屋が現れる!!忍者の家か!?と突っ込まれそうですが・・

 

07_08_09_10_11_12_13_14_15_1617_18_19

断面図より 普通屋根裏は配線スペースなどでふさぐデッドスペース、この家では余すところなく収納空間とするために合理的な配線ルートを考え、できる限り屋根裏を収納空間として利用している

 

SONY DSC

屋根裏部屋は、断熱材がむき出しなど特に仕上げを施していない造りになっています。しかし、照明や換気設備は設置され、物置として使いやすいよう配慮している。一年に一度登場するお雛様など収納するには十分な空間になります。

 

屋根裏部屋の入り口が隠されたスライド本棚でした♪

bn-omoshirokagu アイディア造作家具

 

 

 

 

 

 

[まぁ~るいピットのある家]

■家族構成4人(夫婦+子2人)■規模・構造:木造2階建て 長期優良住宅 ■用途:一戸建ての住宅 ■場所:東京都杉並区■敷地面積131平米(39坪) ■延べ面積84平米(25坪) ■竣工2012年 ■構造設計:アトリエデック

■メディア掲載
雑誌「東京の注文住宅」2013春(リクルート発行)の表紙
「月刊HOUSING」2012年10月号、2013年5月号(SUUMO発行)」

■主な仕上げ:外壁吹き付け、屋根はガルバリウム鋼板、内部床はサクラの無垢材、壁は珪藻土、天井は紙貼り(月桃紙)など自然素材

 

 

 

3/21発売の住宅雑誌「東京の注文住宅(リクルート発行)」の表紙にもなりました~!!

toukyou