建築事例

事例詳細

「ルーバー格子で公私を分かつ庫裡」

中野区にて、お寺の庫裡(=住職さんや家族の住まい)が完成(写真右側)!!

DSC_0126 DSC_0127

お寺は「公私」が混同しがちな大変な御仕事です。檀家さんがきたら日曜も祝日もない・・住職さんの大切なプライバシーをいかに確保しつつ、お寺の施設(本堂や客殿など)とどう結んでいくかがひとつの大きな設計テーマでした。私どもの提案は「格子」!!

 

DSC09948

 

高さ6メートルの巨大な「ルーバー 格子」で囲われた空間を挟んで、お寺と住まいが緩やかに結ばれるよう配慮。常にお寺に気配りが出来るような動線、配置計画で外観もデザインしております!! さらにルーバー 格子は西日のカットの役割もしており、格子から本堂が透けて見える

 

 

 

 

 

SONY DSC

 

 

 

格子の奥がプライベート空間

SONY DSC

2階のみんなの間 床は大判の石張り、壁は珪藻土と板張り、木製建具など木や自然素材にこだわった内装にコの字型キッチンを設置

SONY DSC

こだわりは「ホンモノの素材!!」床には大判の石です。他にも木、土、畳など自然素材を中心に仕上げている 窓は一部木製建具を採用し断熱気密性能を確保しております

DSC09734 DSC09732

 

 

 

bn-zousa_kitchenキッチン特集のページへ

SONY DSC

キッチンは全てIKEAさんで設えたキッチン♪設置もIKEAさんで施工していただきました~

 

SONY DSC

IH前の壁は蜂の巣タイル張り

 

SONY DSC

シャワー併設主寝室

 

 

キッチンと連続して水周りも設置

SONY DSC   SONY DSC

造作でデザインした洗面台 正面に鏡を設置すると完成

SONY DSC  SONY DSC

モザイクタイル張りがアクセントの浴室も造作でつくりました サンルームも併設して忙しい住職さんの家事を合理化してます

SONY DSC SONY DSC

 

 

SONY DSC

またお寺の施設ということでこれまで長く紡いで来た時間を感じさせるものが=古材が多くあり、これらも積極的に再利用しております。既存の母屋の解体後保管していた瓦は・・

 

 

 

 

 

外構の一部に再利用 外構:庭匠

DSC_0108

瓦の土留め

 

 

 

 

格子はその時々によって様々な表情を見せる。やがて今回植え替えた樹木が成長し、建物と共鳴していってほしいなぁと願うばかり

DSC_0125

施工:山崎工務店