丸窓いっぱい「みたいぐコスモ保育園」

場所 東京都三鷹市
用途 保育所(認可保育園)
構造 鉄骨造2階建て
敷地面積 572㎡ 173坪
延べ面積 496㎡ 150坪
竣工 2019年
工期 8ヶ月
施工 大和ハウス工業&株式會社 小林
躯体設計 大和ハウス工業と協力
内装設計 TAU設計工房
特徴

10年以上前より自分自身が直面中の待機児童問題、10年くらい前から保育園の設計に関わらせて頂いております。都市部における保育園は年々増えており10年前と比べて状況はよくなってきたけれど、まだまだ解消した感じはなくもう少し続く社会問題だと思います。この三鷹の認可保育園も地主さんや保育経営者、自治体や近隣等様々な方々のご理解のもと完成しました!

敷地が現在整備中の幹線道路沿いで 道路から丸見えにならないようにと丸窓をあけた目隠しの壁がデザインのアクセントになってます。建物とこの壁の間の通路は 認可保育所ならではの二方向避難通路を兼ねたウッドデッキの遊び場スペース。園児たちの目線に設定した丸窓からは緑や空や車や人が見え、丸く切り取られた世界を園児たちがどう感じてくれるか楽しみ

園児が使うタオルを干したりとサービスも兼ねてます。住宅のように保育室の室内には室内物干しバーも設置済で保育室さんにとっても実用的な保育園を目指してます。2階には3,4,5歳児の保育室が並んでおり 端から端まで走るだけでも結構な運動もできます

2階の保育室の様子 ウッドデッキと視覚的につながってより明るく、開放的な雰囲気になります

また保育室は園児たちが長い時間を過ごす部屋、床材や園児の手が触れる腰壁材はなるべくホンモノの木で仕上げる等自然素材にもこだわってます

階段の窓からは近隣の巨木を取り込みました

1階の保育室は庇付のウッドデッキと園庭に連続

先生たちが座っているウッドデッキ部分には大きな屋根がかかっており(ピロティ空間と呼んでます)雨にもぬれず、日よけもでき、保育室とつながった多目的に利用できる外部の空間。限られた園庭ではありますが、奥ではこども達が蝶々を追っかけてます♪

園庭のすぐ横のお隣は東京では珍しい養鶏場になってまして、「コケッコッコー」の元気な鳴き声も聞こえてきます♪ 地主さんでもありまして保育園大歓迎とおっしゃって頂き、こんど園庭に一羽鶏を放してくれるとか・・。さらに園庭の一角にはミニ水田スペースを設置しており、とても東京の幹線道路沿いとは思えない環境です。撮影した日は偶然にも田植えのタイミングで園児たちが楽しい様子をご紹介♪

これから楽しく観察を続けて秋の収穫時にはみんなで分け合って食べるそうです。春には春の野菜や植物を育て、夏には夏の・・で四季折々の植物や野菜を子どもたちみんなで育てて、みんなで分け合うのだそうです♪

JUI 3歳 ♂



うちは3人子どもがいて、一匹隠れ待機児童がおります♪ 今年も認可保育園はあきらめて地元の幼稚園に4月から通わせることになりました。。共働き世帯にとって死活問題であることを日々実感しつつも、こどもの無邪気な笑顔に救われる毎日・・

Category: 鉄骨造 |

関連する建築事例

設計のご依頼やご相談、
お問い合せはこちら

建築に関するご相談は無料で承ります。お気軽にご相談下さい。
出来る限り適切なアドバイスをさせて頂きます。