建築事例

事例詳細

「家カフェ」×「スマートハウス」の家

エネルギーを効率よく利用するスマートハウスで災害に強い建物を目指しました!屋根一体型太陽光発電、蓄電池、ハイブリット給湯器、更に2トンの雨水タンク(トイレ洗浄水として利用)など搭載(写真:辰巳住研株式会社)

 

 

[家カフェ×スマートハウスの家(ポコタウン老司5号地)]

 

■規模・構造:木造2階建て(2×4工法) ■用途:一戸建ての住宅 ■場所:福岡市南区老司 ■敷地面積189平米(57坪) ■延べ面積121平米(36坪) ■竣工2013年 ■販売・施工:辰巳住研株式会社

 

 

 

屋根一体型太陽光発電、蓄電池、ハイブリット給湯器、更に2トンの雨水タンク(トイレ洗浄水として利用)など搭載、エネルギーを効率よく利用するスマートハウス 1階に中庭のあるLDKプランから紹介

 

 

 

 

家計簿をつけたり、アイロン掛けをしたりと活躍しそうな家事スペース

 

 

 

キッチンは LIXIL既製品+造作収納のキッチン

 

 

c1

シンクとコンロが分かれているセパレート型。2人同時での調理がしやすいなどメリットもあります。 ワークトライアングル(冷蔵庫、シンク、コンロの前面中心を頂点とする三角形)が動きやすい距離に設計してあり、作業効率がアップ♪そして、キッチンからリビングダイニングや中庭で遊ぶお子様が見渡せるので、安心して調理する事ができる

 

c3

カウンター下に雑貨などがディスプレイできる

 

c4  c5

 

キッチン、洗面室、バスルーム、ダイニングが直線上に配置してある家事”楽”動線

c2

 

b1 b6

さらに、洗濯物干し場として使えるサービスデッキも直線上にある、奥は洗濯物干し場として使えるサービスデッキ

 

 

 

 

bn-zousa_kitchenキッチン特集のページへ

 

 

 

 

 

 

最後にキッチンとは関係ないですがこの家の玄関回りもご紹介

tatsumi-0070

tatsumi-0055 tatsumi-0057

玄関の突き当たりおしゃれな手洗い、左はウォークインクローゼット

トイレの洗浄水には雨水を再利用しております

 

 

 

 

中庭の様子 中庭とキッチンの間にサンルーム

(※ペットと気兼ねなく暮らせるペットコーナーとして利用)

 

 

 

和室の様子

 

 

 

 

 

 

 

2階の様子


北向きの安定した採光が降り注ぐファミリーホール

 

a9

ハイサイド窓をあけて風がビュ~の断面の設計

 

 

 

 

アクセントの仕上げを施した子どもゾーン 将来間仕切り

 

 


主寝室の様子

 

 


片勾配を利用した屋根裏を収納として利用

 

 

e9
一筆アイアンはしご

 

 

 

 

 

f1

 

太陽光発電システムで電気を創り出す創エネを実現。家庭用蓄電池や電気やガス、水道の「見える化」のHEMS(ヘムス)システムの導入など、一歩先行く工夫がたくさん!さらに、2トン貯められる雨水タンクが地中に埋設してあり、断水などの非常時に役立ちます。トイレや散水に利用するので、水道の使用量を大幅にカットでき、家計にもやさしいんです

SONY DSC
駐車場下部にある雨水タンク 2トンの雨水がたまっております

 

 

 

■メディア掲載
リクルート「福岡の注文住宅」2013春夏
WEB九州すまい探検隊