現場リポート

武蔵野市内にて「大階段が結ぶスキップフロアの家」上棟!!

2018.12.10

 

 

武蔵野市内で新築住宅が工事中で、柱や梁を組み上げる棟上げ作業の様子をアップ。複雑なスキップフロアの床組みもなんのその、慣れた手つきでどんどん組み上がる、まさに職人のワザです

 

 

 

敷地面積が約20坪、ここに家族3人の様々な想いを盛り込んだ夢いっぱいの住宅。二階部分を大きく跳ね出した構造体、二階のダイニングキッチンスペースの拡がりを確保しながら、一階部分は駐車スペースになってます

 

 

 

 

 

 

ほとんどが現しの梁で構造美がそのままインテリアになり伸びやかな空間を演出

 

 

 

 

完成後の模型写真もアップ

 

 

 

 

今回の設計では5層の床レベルが緩やかな階段で結ばれているつくり

 

 

 

スキップフロアの家

スキップフロアとは、フロアの高さを半階分ずらしながら連続する層を構成する建築方法で、1階と2階の間に中2階の空間を作り、フロアに段差をつけたりします。フラットな床レベルの家よりもフロア自体に高低差が出るため実際の面積よりも広く感じる事ができます。また踊り場がいらないため部屋も広く確保できます

 

 

 

 

 

 

内部CGの様子より

 

 

2階のダイニングキッチンの様子

 

吹付断熱による高断熱・高気密の建物で、すべて自然素材で仕上げます!無垢の床板、壁や天井は漆喰の予定

 

 

水回り、特にキッチンもこだわり、ステンレス加工が得意なタニコー・ステンレスキッチンによるアイランドキッチンをオーダー。タニコーさんは業務用厨房器具が有名ですが一般住宅用のキッチンも製作してます。厚いステンレスをプレス加工する技術があるので他のステンレスキッチンとはステンレスの厚さが違いますので質感も雰囲気もまったく異なる自分だけの仕様が実現できます♪

 

 

 

 

 

ダイニングとリビングは大階段で連続

 

 

 

リビングとダイニングは幅が2mくらいの幅の広い大階段でつながってます。大階段は読書をしたりテレビを見たりの楽しい居場所。

 

 

更に上階にはホームシアターも設置

来年春には完成予定

 

施工:株式会社小林

 

 

 

 

 

市内にて設計した案件

地元吉祥寺の建築事例