現場リポート

多摩産材見学

2010.01.20

現在工事中の「吉祥寺のエコハウス」は、東京の無垢の木を使って家づくりを進めておりまして、実際に加工している工場等多摩産材を見に行ってきました!(協力:中嶋材木店)
■伐採・集材
R0017999.JPG
前日ちらっと雪が降った東京はあきる野、広徳寺奥の伐採場にて
R0017977.JPG
まずは伐採現場へ、事前に予約する多摩産材見学ツアーではなく、たまたま近くの現場ついでだったため、伐採現場も概ねの場所を教えて頂き近くまで車&山歩きでたどり着きました・・(ツアーを利用された方が効率的に見学できます)
R0018008.JPGR0018010.JPG
途中伐採及び木材搬出看板を横目に山を奥へ奥へ・・
R0018009.JPG
多摩杉の様子
R0017984.JPG
山道を更に奥へ奥へ・・
R0017993.JPG
スピーカーから作業の放送が鳴り響き、カラカラ・・・ワイヤーにつるされた多摩杉が運ばれていく伐採現場を確認!!
CIMG0822.jpg
実際の伐採の様子(中嶋材木店HPより)
CIMG0842.jpg
集材(中嶋材木店HPより)
■競り市
伐採された木材は集材の後、市場へ、競が行われる多摩木材センター協同組合へ
CIMG1029.jpg
競りの様子(中嶋材木店HPより)
R0017911.JPG
前日競りが開催されたばかりとあって、多くの材木が並んでいる 多摩産材はあきる野、桧原、五日市、奥多摩、青梅などの伐採場から集められた材木をここに集め競りをして各材木店へと運ばれる。
R0017876.JPG
働く車たちとたくさんの材木に囲われ「ボブとブーブーズ」の世界と勘違いしている子どもを横目に、多摩産材の現状について,いろいろとお話をおききしました・・地産地消(地域生産地域消費、少し昔は当たり前だった)という環境的な配慮(作り手がわかる家づくり、輸送運搬が抑えられ環境に配慮)により、今回吉祥寺の家では、多摩産材を柱、土台、化粧垂木などに利用。更に、コスト的にも、従来の欧米産の集成材と比較して15万程度の差額ですみ、多摩産材活用で住宅ローンの金利の優遇(このシステムを採用している金融機関の場合)を配慮するとメリットが出てきます。
R0017900.JPG
私共の設計では新築物件に関わらず、リフォーム物件でも構造材や床材などに無垢の県産材を利用する設計が多くこれまでも多く採用してきました、ただ、多摩産材の場合は現在の社会背景もあり、木材が安くなりすぎてしまい、現状の杉を切り出しても、育林していくコストを補うことが難しい現状であるとききました。
それ以外にも、国産杉の消費について今後大いに不安であること、林業と言う産業を続ける上での民間企業の置かれた様々な現状、微力だけれど一人の設計者としてできること・・など考えさせられることが多かった
■競り落とした材木は材木加工場へ
R0017972.JPG
R0017919.JPG
R0017916.JPG
今回吉祥寺の家でお世話になる中嶋材木店

 

 

東京の木で建てる家ですが、その製造過程を見にいく旅、山から取って来た材木は各材木店で製材加工されます。今回お世話になる中嶋材木店を取材!
■製材
R0017919.JPG
R0017916.JPG
1本の丸太を柱や間柱、垂木材などに製材していく機械を見学・・
R0017950.JPG
R0017946.JPG
R0017917.JPG R0017934.JPG
突然の見学にもかかわらず実際に製材機械を動かしてくれまして、丸太が柱になる様子を間近で体験!
R0017955.JPG
向こうから丸太1本が手前に流れてきまして 途中にある電動のこででどんどん製材していく・・
R0017966.JPG
製材中、木の粉が舞って目をやられました・・
R0017952.JPG
泣いてる子どもは放っておいて、板材、角材とあっという間に丸太が製材されていく・・
R0017962.JPGR0017970.JPG
この後、乾燥(無垢材は乾燥が命!)修正挽き 、含水率チェック、強度検査を経て現場に運び込まれていく・・今月末吉祥寺にて上棟を迎える予定です
たっぷり多摩産材を見学した後、あきる野の「瀬音の湯」へ
R0018023.JPG
この施設そのものが多摩産材をふんだんに使った施設で官民が協力してつくった温泉施設。更に多摩杉に囲われ渓谷の様子もみえる露天風呂があります・・この日の疲れを癒すには最適!
R0018031.JPG
4193A011000000019.jpg4193A011000000020.jpg
R0018032.JPG
足湯もあります!
瀬音の湯の心臓部にあたるボイラー室。実はここにも多摩産材が活躍しておりまして・・
R0018024.JPGR0018028.JPG
CIMG6199.jpgCIMG6208.jpg
この温泉は源泉温度が27.2℃と低い為、加温させる必要があります。
通常この様なボイラー施設は重油などを使用しますが、『瀬音の湯』では近隣の製材所などから出る残材(木質バイオマス)を燃料として活用しているとのこと!こんなところにも残材が利用されているのだと関心!